ここから本文です

【ヴィクトリアマイル】レッツゴードンキが坂路でシャープな伸び 梅田師「このままの状態で臨めれば」

スポーツ報知 5/10(水) 13:24配信

 ヴィクトリアマイル・G1(5月14日、東京・芝1600メートル)で、一昨年の桜花賞以来のG1・2勝目を狙うレッツゴードンキが10日、栗東・坂路で最終追い切りを行った。前半から抜群のスピードを見せながらもスムーズに折り合い、最後まで鞍上の手綱はほとんど動かず、53秒5―12秒0と鋭く伸びた。

 梅田調教師は「(必要以上に行きたがるので)外ラチ沿いには持っていかず、馬場の内寄りから真ん中に出していくイメージ。無理することなくいい時計が出た。体調の波が少ない馬で、出来は高いレベルで安定。このままの状態で臨めれば」と合格点を与えた。

最終更新:5/10(水) 13:24

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ