ここから本文です

<トヨタ>5年ぶり減収減益 18年3月期も減益予想

毎日新聞 5/10(水) 20:06配信

 トヨタ自動車が10日発表した2017年3月期連結決算(米国会計基準)は、売上高が前期比2.8%減の27兆5971億円、本業のもうけを示す営業利益が30.1%減の1兆9943億円となり、5年ぶりの減収減益だった。同時に発表した18年3月期の営業利益予想も19.8%減の1兆6000億円と減益の見通し。17年3月期に続いて円高で利益が圧迫されるほか、北米や国内の販売が苦戦すると見込んだ。2年連続の営業減益となれば、00年3月期以来18年ぶりとなる。

 17年3月期の平均為替レートは1ドル=108円で、前期より12円円高が進行。円換算した海外での利益が目減りするなどして、営業利益を9400億円分押し下げた。北米の中小型車の販売不振も1747億円の営業減益要因となった。コスト削減で穴埋めできず、東日本大震災の影響を受けた12年3月期以来の営業減益となった。最終(当期)利益も20.8%減の1兆8311億円だった。

 18年3月期も為替レートを1ドル=105円と足元の113円台より円高に想定し、営業利益が1100億円分減ると見込んだ。連結販売台数(中国の合弁会社分を除く)は、17年3月期に新車投入効果で国内販売が伸びた反動などで前期比7.1万台減の890万台と想定している。

 豊田章男社長は記者会見で、決算について「現在の等身大の実力が素直に表れた」と述べ、販売促進やコスト削減を一層進めて利益上積みを目指す考えを示した。【小倉祥徳】

最終更新:5/10(水) 20:08

毎日新聞