ここから本文です

好調阪神、2点先制許すも鳥谷犠飛&糸原適時打で追いつく

デイリースポーツ 5/10(水) 18:42配信

 「巨人-阪神」(10日、東京ドーム)

 6連勝中の猛虎打線が一気に嫌な展開を振り払った。

 阪神は2点を追う二回無死二、三塁から6試合連続安打中の好調・鳥谷が、巨人先発・大竹の直球を鋭くはじき返し「すぐに点を取り返せてよかった。(犠飛は)最低限です」と右翼への犠牲フライで1点を返した。

 なおも1死三塁で新人・糸原が「すぐに追いつきたいという気持ちでした。しっかり打ててよかった」と左前へ同点適時打。瞬く間に同点に追いついた。

 初回に先発・岩貞が味方失策が絡んでの2死二塁の危機で、相手の4番・阿部に右翼への先制2ランを浴びる嫌な展開だったが、勢いに乗る猛虎打線が破壊力を見せつけた。

最終更新:5/10(水) 19:43

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/29(月) 9:25