ここから本文です

バッファロー、SOHOエントリー向けの1/2ドライブNAS

Impress Watch 5/10(水) 16:05配信

 株式会社バッファローは、SOHO向けNASのエントリーモデル“リンクステーション for SOHO”に、デュアルコアCPUを搭載した高性能タイプとして1ドライブの「LS510DNBシリーズ」および2ドライブの「LS520DNBシリーズ」を追加した。5月下旬より順次販売を開始する。

【この記事に関する別の画像を見る】

 1ドライブのLS510DNBシリーズは、1/2/3/4TBの容量ラインナップを用意し、税別価格は順に29,800円、33,800円、39,800円、49,800円。一方の2ドライブのLS520DNBシリーズは、2/4/6/8TBの容量があり、税別価格は順に45,800円、55,800円、68,800円、85,800円となる。

 小規模拠点などでも低価格で導入しやすいNASとなっており、ファイル共有やバックアップ先の一元管理といった用途に利用可能。NASシステム用に設計されたHDDを採用することによって3年間の長期保証を実現した。

 UPS(無停電源装置)との連動機能を有しており、瞬間停電やブレーカーダウンなど不意の停電にも対応できる。2ドライブモデルではミラーリング(RAID 1)を設定可能となっている。

 インターフェイスは共通でGigabit EthernetとUSB 3.0。USB 3.0接続の外部ストレージを使って、NAS本体のバックアップも行なえる。

 本体サイズ/重量はLS510DNBシリーズが45×205×128mm(幅×奥行き×高さ)/約1.1kg、LS520DNBシリーズは87×205×127.5mm(同)/約2.5kg。

PC Watch,中村 真司

最終更新:5/11(木) 21:52

Impress Watch