ここから本文です

クルド人組織へ武器供与、トルコ猛反発 対ISに影響か

朝日新聞デジタル 5/10(水) 21:00配信

 シリア内戦をめぐり、トランプ米大統領は、過激派組織「イスラム国」(IS)と戦う少数民族クルド人の武装組織「人民防衛隊」(YPG)への武器供給を承認した。国防総省が9日、明らかにした。これに対し、YPGを「テロ組織」に指定し、米国に関係断絶を迫ってきたトルコは「受け入れられない」と猛反発。ISをめぐる米国とトルコの共闘にもひびが入りかねない状況だ。

 米国によるYPGに対する武器供給は、ISが首都と称する北部ラッカの奪還作戦を強化するのが目的。供給する武器には、重機関銃や装甲車などが含まれるとみられる。

 国内事情からシリアに地上部隊を派遣できない米国は、YPGと連携して対IS掃討を進めてきた。戦闘力が高く、規律もあるYPGを米国は評価している。

 ただし、米国はトルコに配慮し、YPGへの武器供給についてはこれまで控えてきた。今回の「方針転換」について、米国防総省は9日の声明で「ラッカでの完全勝利を確実にするために必要」と説明。その上で「トルコの安全上の懸念は強く認識している。米国は安全保障上のリスクを高めないように取り組む」と強調した。

 一方、トルコ側は米国の決定に激怒している。ジャニクリ副首相は10日、トルコメディアで「我々はトルコの将来を脅かすテロ組織の存在を認められない。米政権が(YPGを支援する)誤りをやめることを望む」と訴えた。

朝日新聞社

最終更新:5/10(水) 21:00

朝日新聞デジタル