ここから本文です

<点字毎日>11日で創刊95年

毎日新聞 5/10(水) 20:30配信

 視覚障害者のためのニュースや情報を集めた週刊の点字新聞「点字毎日」(点毎)は11日、創刊95年を迎えた。独自の取材と編集で発行する国内唯一の点字新聞。視覚障害者と社会を結ぶさまざまな事業も続けており、ユニバーサル社会の先駆的な役割を果たしてきた。

 創刊は1922(大正11)年。ラジオ放送もない時代に、点毎は視覚障害者の情報源として貴重な存在となった。しかし当時、点字を読める人はまだごくわずか。初代編集長の中村京太郎らは、点毎を教科書代わりに各地で点字の講習会を開くなど、点字文化の普及に一大キャンペーンを張った。こうした運動は、25年の普通選挙法公布に伴って、点字投票が認められることにもつながった。点毎は点字の教科書も発行、盲学校に送った。

 このほか「全国盲学校弁論大会」(28年創設)、文化・教育・福祉に功績を残した人に贈る「点字毎日文化賞」(64年創設)など視覚障害者の活動に光をあててきた。長年の功績が認められ「菊池寛賞」(63年)や朝日新聞社の「朝日賞」(68年)を受賞している。【「点字毎日」編集長、三角真理】

最終更新:5/11(木) 0:11

毎日新聞