ここから本文です

「籠の中の乙女」出演女優マリア・ツォニが30歳で死去

映画ナタリー 5/10(水) 18:08配信

ヨルゴス・ランティモスの監督作「籠の中の乙女」に出演していたギリシャの女優マリア・ツォニが亡くなったことをIndiewireなどが報じた。30歳だった。

ツォニは、現地時間5月8日にアテネの自宅アパートで死体となっている姿を友人の女優に発見された。死因は不明で、友人によると彼女は重度のうつ病に苦しんでいたとのこと。

第62回カンヌ国際映画祭のある視点部門にてグランプリを獲得した「籠の中の乙女」で注目を集めたツォニは、その後「Evil: In the Time of Heroes(英題)」「Artherapy(英題)」などに出演。女優になる前はパンクバンドのボーカルだった。

(情報提供:Indiewire.com / IFA / ゼータ イメージ)

最終更新:5/10(水) 18:08

映画ナタリー