ここから本文です

≪ドラマNOW≫「推理の女王」11話

WoW!Korea 5/10(水) 23:51配信

※あらすじ・ネタバレになる内容が含まれています。



 10日に放送されたKBSドラマ「推理の女王」11話では、秘密操作を始めるソルオク(チェ・ガンヒ)とワンスン(クォン・サンウ)の様子が描かれた。

クォン・サンウのプロフィールと写真

 ソルオクは特殊捜査チームに合流し、テープ連続殺人事件の会見を聞いた。ソルオクは会見を聞いて涙を流し、ウ警視は「知ってる人か? 」と聞いた。

 ソルオクは近所の知り合いの女性だと答えると、ウ警視は「感情が絡むと判断力が落ちる。抜けろ」と言った。しかしソルオクは「そうなるほどに犯人をつかまえたくなる」と答えた。ソルオクは調査中に「今回の事件はテープ連続殺人事件ではない。犯行方法が微妙に違う」と主張した。しかしウ警視はソルオクの意見を無視し、連続殺人事件とした。

 ウ警視と対立したソルオクは追い出され、何かを感じたワンスンも一緒に事件を調べた。ソルオクは死んだ女性が下着を盗まれたことを知り、下着泥棒に遭った家を調べた。

 2日間でソルオクは、犯人が主に活動する地域とパターンを見つけ出し、潜伏計画を立てた。ジュノ(イ・ウォングン)とペチーム長(アン・ギルガン)、ギョンミ(キム・ヒョンスク)まで捜査に合流し、3人は潜伏地域を決めた。ワンスンは下着泥棒をつかまえたが、ソルオクは「殺人犯ではないようだ」と言った。

 その時ウ警視が現れ、下着泥棒をつかまえていこうとし、ソルオクはその人は殺人犯ではないと証拠を出した。しかしウ警視は「こういうやつが結局殺人を犯す」と言いながら、撤収した。

 その後、ワンスンは下着泥棒を取調室で調査した。下着泥棒は「実は僕があの日見た」とし、殺人事件の目撃者だった。

 その時、警察に偽装した真犯人は終電に乗ろうとバスの停留所に一人でいる女性を目標にして接近していた。

最終更新:5/10(水) 23:51

WoW!Korea