ここから本文です

鹿島・浦和が1位通過 ACL1次リーグ最終戦

朝日新聞デジタル 5/10(水) 22:48配信

 サッカーのアジア・チャンピオンズリーグ(ACL)は10日、各地で残りの1次リーグ最終戦があり、E組ですでに16強入りを決めていた鹿島は、首位に立っていたムアントン(タイ)を2―1で下し、1位通過を決めた。決勝トーナメント(T)進出を決めていた浦和は、敵地でFCソウル(韓国)に0―1で敗れたが、勝ち点で並んだ上海上港(中国)を直接対決のアウェー得点数で上回ったため、1位突破が決まった。

 9日に決勝T進出を決めた川崎を合わせ、日本勢の3チームが16強入りするのは2014年以来となる。決勝T1回戦で鹿島は広州恒大(中国)、浦和は済州(韓国)、川崎はムアントンと対戦する。

朝日新聞社

最終更新:5/10(水) 22:48

朝日新聞デジタル