ここから本文です

【ヴィクトリアマイル】7歳牝馬ウキヨノカゼがスピード感十分の走り

スポーツ報知 5/10(水) 15:05配信

 ヴィクトリアマイル・G1(5月14日、東京・芝1600メートル)でG1初制覇を目指すウキヨノカゼ(牝7歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)が10日、美浦のウッドチップコースで最終追い切りを行った。

 菊沢師がまたがった僚馬を見る形での単走。直線で積極的に脚を伸ばし、ゴールした後もスピードを落とさなかった。菊沢師は「単走は指示通り。1週前追い切りでは中身と心肺機能を徐々に膨らませる内容でしたが、今日(10日)は気持ちを高ぶらせるのを抑え、競馬で爆発できるイメージでやりました」と調教の意図を説明した。

 前走の福島牝馬Sで重賞3勝目を挙げた7歳馬。「7歳というイメージを持っていない。馬は元気ですし、動きもいい。まだまだ若い体をしている」とトレーナーは衰えを感じていない。

 菊沢厩舎は先週のNHKマイルCをアエロリットでG1初優勝を果たした。今回は2週連続のG1制覇がかかる。「馬は違いますが、ウキヨノカゼは素晴らしい牝馬。万全に仕上げることを念頭に頑張りたいです」と意気込んだ。

最終更新:5/10(水) 15:05

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ