ここから本文です

阪神、反撃及ばず6連勝でストップ 先発岩貞が4本塁打浴び4回7失点降板

デイリースポーツ 5/10(水) 21:20配信

 「巨人9-7阪神」(10日、東京ドーム)

 阪神は先発岩貞が乱調で、追撃も及ばず6連勝でストップした。

 初回に阿部に6号2ランを浴びた先発岩貞は、二回に同点としてもらったが、三回に坂本勇に5号3ランを浴び勝ち越され、マギーにも6号ソロを許した。四回には不振の長野に1号ソロを許し、4回7失点で降板。五回には2番手松田が坂本に2打席連続となる6号ソロなど2点を失い7点差となった。

 しかし、好調な打線は六回、制球を乱した巨人・大竹寛から押し出し四球で1点を返すと、なおも2死満塁で2番手・山口を攻め、高山が右前適時打。さらに北條が左中間への2点二塁打を放ち反撃した。

 九回に中谷の本塁打で2点差まで迫ったが、五回までの9失点が重かった。

最終更新:5/10(水) 21:32

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/29(月) 4:00