ここから本文です

広島が逃げ切り4連敗でストップ 4番鈴木が3安打2本塁打5打点

5/10(水) 21:32配信

デイリースポーツ

 「ヤクルト7-8広島」(10日、神宮球場)

 広島が、4番鈴木の3安打2本塁打5打点の活躍で、連敗を4で止めリーグ20勝に到達。首位阪神に1ゲーム差とした。

 1点を追う七回、2死一塁から鈴木が左翼席にこの日2本目となる7号2ランを放ち逆転に成功した。九回には丸の6号ソロで加点した。

 5打点の鈴木は「最近、いいところで打ててなかったので、いいところで打ててよかったです」と活躍を喜ぶというより、安堵(あんど)の表情を浮かべた。

 初回には丸、鈴木の連続適時二塁打と新井の犠飛で3点を先制。1点差に詰め寄られた直後の三回には鈴木の左翼席上段に届く特大の6号2ランでリードを広げた。しかし、大瀬良が5回6失点と乱調で一時が逆転された。2点リードの九回も今村が1点を返され、なおも2死満塁のピンチだったが、逃げ切った。薮田が2勝目。今村が7セーブ目を挙げた。