ここから本文です

<ロス米商務長官>米抜きTPP「反対しない」

毎日新聞 5/10(水) 22:46配信

 【ワシントン清水憲司】ロス米商務長官は9日、ワシントンで講演し、日本などが米国を除く11カ国による環太平洋パートナーシップ協定(TPP)発効に向け協議していることに「異議を唱えることにはならない」と述べ、反対しない考えを表明した。一方、米国にとっては「(TPP各国との)2国間協議の方がより早く、より良いものになる」とも述べ、2国間交渉の着手に改めて意欲を示した。

 ロス氏は11カ国について「(経済の状況に)大きな差異がある」とも述べ、TPPの合意内容をもとにしつつも、個別に協議していく利点を強調した。

最終更新:5/10(水) 23:23

毎日新聞