ここから本文です

天才子役・早坂ひらら、わずか23秒で泣いてみせた!

5/10(水) 22:05配信

デイリースポーツ

 ドラマ「天才バカボン」のはじめちゃん役などでブレーク中の子役・早坂ひらら(5)が10日放送の日本テレビ系「今夜くらべてみました」に出演し、わずか23秒で泣いてみせる超絶演技テクニックを披露した。

 早坂は「こんばんは、テアトルアカデミーの早坂ひらら、5歳です(右手の指を3本、左手の指を2本立てる)。よろしくお願いします」と頭を下げ、投げキスして登場。

 事務所の演技レッスンについて「泣いたり。1分で」と説明した早坂は、泣く演技をリクエストされると「気持ち作ってから」と承諾し、わずか23秒で「いい」とOKを出した。

 早坂は「ママ、パパ、もうケンカはやめて、悲しいよ、パパとママがいないと生きていけない。ママ、パパ」とセリフを言いながら、見事に号泣。出演していたシンガー・ソングライターで一児の母の坂本美雨(37)は「こんなふうに言われたらどうしよう」ともらい泣きしていた。

 番組では生後5カ月から英語の教材DVDを3時間、見せられ、1歳8カ月で突然、英語を話すようになったり、2歳半でひらがなをマスターするなど、早坂の天才ぶりを紹介。ピアノ、ボイトレ、英語、進学塾、演技レッスンと五つの習い事をやっているという早坂は勉強が「だいすき!トイレの中でも電車の中でもやってる」と言い、現在は「受験」と、小学校受験を目指していることを明かしていた。