ここから本文です

【中日】小笠原、左肘手術後の初先発は5回3失点…ナゴヤドームでの初白星ならず

スポーツ報知 5/10(水) 20:26配信

◆中日―DeNA(10日・ナゴヤD)

 中日の小笠原慎之介投手(19)が5回3失点で降板した。昨年11月に左肘の遊離軟骨除去手術を受けて以来、初の先発マウンド。3回までは無失点に抑えたが、4回2死一、二塁から投手・平良に右前打でつながれ満塁とされ、9番・倉本に先制2点打。さらに、5回2死、筒香に3号ソロを浴びた。

 昨季は2勝を挙げたが、いずれもビジター。ナゴヤドームでは6試合で0勝4敗。念願の本拠地初勝利がお預けとなった左腕は「立ち上がりからボールが全体的に高く、修正できませんでした。それが4、5回の失点につながってしまいました」と振り返った。

最終更新:5/10(水) 20:48

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/30(火) 13:05