ここから本文です

マカヒキ、宝塚記念を回避!今春は休養

スポーツ報知 5/11(木) 6:03配信

 大阪杯で4着に敗れた昨年の日本ダービー馬マカヒキ(牡4歳、栗東・友道厩舎)が、次戦に予定していた宝塚記念(6月25日、阪神)を回避することが10日、分かった。この春を休養に充て、復帰予定の秋は昨年に14着と敗れた凱旋門賞(10月1日、仏シャンティイ競馬場)に登録をせず、天皇賞・秋(10月29日、東京)を目標に国内路線に専念する。

【写真】マカヒキ、凱旋門賞見送り

 友道調教師は「(宝塚記念を)使えないことはないが、まだ完調という感じでない。雨がよく降って、馬場が悪くなることも多い。(天皇賞・秋の舞台である)東京の2000メートルはこの馬に合っていると思う」と説明した。

最終更新:5/11(木) 7:58

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ