ここから本文です

【ヴィクトリアマイル 樹理が見た】ミッキークイーン、心身充実は在厩調整にあり 

スポーツ報知 5/11(木) 7:22配信

◆第12回ヴィクトリアマイル追い切り(10日、栗東トレセン)

 阪神牝馬Sからというミッキークイーンの臨戦過程は昨年と同じ。しかし、在厩調整と聞いて驚いた。前走時が438キロという小柄で、繊細な牝馬。昨年までは一度使うごとに放牧に出るのが当たり前だった。

 ところが、今回は中4週と間隔が十分あるのに前走後も厩舎で鍛練を積んだ。「カイバをしっかり食べて、実になっている。年齢を重ねて落ち着きが出た。(前走で)完全復活というより昔以上の能力を出せている」と池江調教師が目を細める充実ぶりだ。

 精神面の成長とともに、課題だったゲートが安定。ウィークポイントが5歳にして解消されつつある。昨年暮れの有馬記念は強豪牡馬を相手に5着と健闘。昨年はストレイトガールの大駆けの前に涙をのんだが、マイルの流れに慣れてきた今年は力を示してくれそうだ。(橋本 樹理)

最終更新:5/11(木) 7:22

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ