ここから本文です

【ヴィクトリアマイル 梅田調教師に聞く】レッツゴードンキ、高いレベルで安定!もうひと花咲かす 

スポーツ報知 5/11(木) 6:53配信

◆第12回ヴィクトリアマイル追い切り(10日、栗東トレセン)

 春の古馬女王を決めるヴィクトリアマイル(14日、東京)の追い切りが10日、東西のトレセンで行われた。レッツゴードンキ陣営の梅田調教師を直撃。手応えなどを探った。

 ―レッツゴードンキの最終追い切りは栗東の坂路を単走で、53秒5―12秒0でした。

 「先週の時点で仕上がっているのでサラッと。前半から(行きたがるので)外ラチの方には持っていかず、内寄りから真ん中に出して行くイメージで(追い切った)。最後も追うところなく、無理のない走りでいい時計を出せました。この状態でレースに臨めれば」

 ―1週前追い切りには岩田騎手が騎乗しました。

 「馬場が悪かったので目いっぱいではなかったですが、いい時計が出たし、息の入りもよかった。高いレベルで安定していると感じています」

 ―前走の高松宮記念は2着でした。

 「折り合い面もですが、テンションを上げないように工夫してきた調整が結果に結びつき、満足できる内容だったと思います」

 ―昨年11月の交流G1・JBCレディスクラシックから〈2〉〈2〉《1》〈2〉着と安定しています。

 「牝馬でも馬格があって丈夫。もともと使い減りせず、体調面の変動が少ないタイプ。精神面で大人になり、ムキになってかかって行くようなところがなくなってきたのが大きいですね」

 ―10着だった昨年以上の結果を期待できそうですね。

 「メンタル面だけでなく、肉体的にもパワーアップを感じています。あんな結果にはならないはず。桜花賞は勝っていますが、何とかもう一度、大きいところを取らせたいですね」

最終更新:5/11(木) 6:53

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ