ここから本文です

【MLB】ロッキーズがJ.アリエッタ攻略、ダブルヘッダーでカブスに先勝

5/10(水) 10:55配信

ISM

 コロラド・ロッキーズは現地9日、地元でシカゴ・カブスとダブルヘッダーで対戦。その第1戦では3回に一挙6点を奪うなど打線が15安打と爆発し、10対4で快勝した。

 1点を先制されたロッキーズは3回裏にカブス先発のジェーク・アリエッタ投手を攻略。カルロス・ゴンザレス外野手のタイムリーで勝ち越すと、さらに満塁からライアン・ハニガン捕手が走者一掃のタイムリーを放つなど6対1と試合をひっくり返す。続く4回にもマーク・レイノルズ一塁手の適時打でアリエッタをノックアウトして3点を追加し、余裕の逃げ切り勝ちを収めた。

 投げても新人右腕アントニオ・センザテラ投手が6回2失点にまとめて5勝目(1敗)。5安打、3四球でピンチもたびたび背負ったがいずれも最少失点で切り抜け、ハニガンも「コントロールがどうであれ、カブス打線を怖がってなかったね」と評価していた。

 一方のアリエッタは9失点(自責点は5)して3回2/3で降板。これは2012年以降では最短KOで、「打ってくださいと言わんばかりの甘い球ばかり投げてしまった」などと振り返っていた。(STATS-AP)

最終更新:5/10(水) 10:55
ISM

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/28(水) 18:00