ここから本文です

【阪神】岩貞4被弾に金本監督「確かに狭い球場というのもあるんだけど…」

スポーツ報知 5/10(水) 22:10配信

◆巨人9―7阪神(10日・東京ドーム)

 首位の阪神が巨人に敗れ、連勝が6でストップした。先発の岩貞が4本の本塁打を浴びる乱調で4回7失点。打線は6回に4点を奪うなど追い上げたが、届かなかった。以下、阪神・金本知憲監督(48)の試合後の問答。

【写真】坂本に勝ち越し3ランを浴びガックリする岩貞

 ―最後まで追い上げた

 「そうですね。もう一回ひっくり返そうという本気度というか、本気でひっくり返そうという雰囲気を感じたんでね。これを忘れないようにこれからやっていけたら」

 ―打線に粘りが出ていた

 「そういう気持ちがずっと持続していけば、今までにないものが見えてくると思う」

 ―6回も高山、北條と若い選手が打った

 「2死からね。チャンスをつぶれてチェンジになるところで2人ともよく打った」

 ―(8回から)原口を今季初めて捕手で起用した

 「こういうこともあるよ、という備えとして。それ(9回の攻撃)も計算でね」

 ―ホームランが出やすい球場だが、岩貞が4被弾

 「確かに狭い球場というのもあるんだけど、やっぱり(初回)先頭から四球ではつらいと思うし。その後(3回)も四球を出してホームラン。今年、ほとんど自分の投球ができていない」

 ―岩貞の今後の起用は?

 「まあそれは投手コーチとの相談になりますけどね。そういう話はまだ出ていませんけど」

最終更新:5/10(水) 23:38

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合5/29(月) 15:30