ここから本文です

【大宮】後半ロスタイムにFW播戸がクラブ最年長弾も…未勝利でGS敗退

スポーツ報知 5/10(水) 23:13配信

◆YBCルヴァン杯 ▽グループステージ第5節A組 F東京4―3大宮(10日・味の素スタジアム)

 冷静にゴールへ流し込んだ。2―4で突入した後半ロスタイム2分。相手のハンドで得たPK。キッカーは途中出場のFW播戸だ。「あれくらい強いボールをしっかり蹴れば大丈夫かな」。右足できっちりとゴール右隅に蹴りこんだ。

 1点差に追い上げるPKはクラブの公式戦最年長となる37歳9か月8日でのゴールとなった。これまでは2015年に播戸がJ2の福岡戦で決めた35歳11か月16日が最年長だった。自身の記録をさらに更新した。

 2点を追う後半32分からFWムルジャに代わって出場。「僕自身は(ピッチに)入るときにハットトリックすれば、逆転だなと思ってた。だから1点では物足りないですけど。(14日のリーグ)仙台戦に向けてファイティングポーズはとれたかなと」と話した。

 6日のリーグ、札幌戦(札幌ド)から先発9人を入れ替えて臨んだ一戦。FWムルジャの今季初ゴールで先制し、1―1と追いつかれても、MFマテウスのヘディングで一時は突き放した。だが、計4失点で3―4と敗れ、初勝利ならず。「(最後の)1点をどうにか次の仙台戦に向けて次のきっかけになってくれれば。チームとして勝とうという気持ちが見えた」と渋谷洋樹監督(50)。未勝利のままグループステージ敗退が決定。ベテランの一発が、最下位に沈むリーグ戦にどう影響するか。4日後の戦いが注目だ。

最終更新:5/10(水) 23:13

スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報