ここから本文です

Vシネの帝王・哀川翔、娘・福地桃子とのバラエティー初共演にデレデレ

スポーツ報知 5/10(水) 23:04配信

 俳優の哀川翔(55)が、10日放送のフジテレビ系「良かれと思って!」(水曜・後10時)で、次女で女優の福地桃子(19)とバラエティー番組で初共演し、娘の告白にデレデレになった。

 番組は哀川について、Vシネマの帝王で世間のイメージは「怖い」と紹介した。

 しかし、桃子は哀川について、カプセルトイの「ガチャガチャ」好きで、「母親にむだ遣いを指摘されるとすねる」ことや、孫からは「ジェイジェイと呼ばれている。じいじの頭文字のJJ」とおちゃめな父親の姿を暴露した。

 哀川は、お気に入りの「ガチャガチャ」について「深海魚、カニ、エビ、カメ」などをあげ「6種類あったら全部欲しい。ヒドイと20回くらい回す。5、6000円くらい」と告白した。

 また、マジック歴40年以上といい、スタジオでとっておきのトランプマジックを披露した。

 MCのお笑いコンビ「ハライチ」澤部佑(30)が「超すごいじゃないですか!」と驚くほどプロ顔負けの腕前を絶賛したが、「たいしたことないよ。もっとすごい人はいっぱいいる」と謙遜した。

 桃子からは「(父親の)私が一番好きなのは、子どもっぽいおちゃめなところ。面と向かって話すことはないけど、(困った時に)助け舟を出してくれて、父親がお父さんで良かった」と思いも寄らぬ言葉を贈られ、照れていた。

最終更新:5/10(水) 23:04

スポーツ報知