ここから本文です

【楽天】先制満塁弾アマダーの復調支える池山コーチの助言

スポーツ報知 5/11(木) 6:32配信

◆楽天5―0ロッテ(10日・コボパーク宮城)

 楽天のジャフェット・アマダー内野手(30)は10日、ロッテ戦(コボパーク)で先制の満塁弾を放った。6番・指名打者で先発、初回2死満塁、ロッテの先発・スタンリッジから左越え3号グランドスラム。不振で開幕から座り続けた4番を外れた大砲が、池山隆寛チーフコーチ(51)の助言も受け、復調気配を見せ始めた。

【写真】アマダー豪快フォーム!

 内角低めの147キロを、アマダーは豪快にすくい上げた。高く上がった打球が、左翼スタンドに吸い込まれる。初回、2死満塁。先制の3号満塁弾に「なかなか結果が出なくて、つなぐ意識で打席に入ったよ」。事実上、ゲームを決める一発にも笑顔は控えめだった。

 苦しんでいた。チームが快進撃を続ける中、開幕から4番に座り続けた。しかし、4月が終わった段階で打率2割2分2厘、2本塁打。5月に入っても調子は上がらず、6日からの2試合はスタメンを外れた。梨田監督も「スイングに“危ないな”というのがない」と、厳しく突き放した。

 パニックになりかけていた。「多くの人がアドバイスをくれたけど、混乱していた部分もあった」。ポイントを絞り、取り組んだのはタイミングの取り方。「池山コーチにタイミングの取り方を指導してもらった。結果が出てよかった」と感謝した。

 池山コーチは「遠くに飛ばそうと力んでばかりだった。言ったのは、右足に残して始動を早くすること。この1本で波に乗ってほしい」と期待した。昨季は故障が多かったが、コンディションは万全。アドバイスできっかけをつかんだ大砲が、ここから量産体制に入っていく。(山口 泰史)

最終更新:5/11(木) 11:08

スポーツ報知