ここから本文です

つばき・一色徳保さん、脳腫瘍のため死去 37歳

オリコン 5/10(水) 10:08配信

 脳腫瘍のため闘病中だったロックバンド「つばき」のボーカル&ギター・一色徳保さんが9日、37歳で亡くなった。11日、東京・青山葬儀所で「お別れの会」が営まれる。

■一色徳保さんが所属したつばきの作品

 バンドメンバーは公式サイトでコメントを発表。ドラム担当のおかもとなおこは「長い闘病生活を終え、今朝、自宅で穏やかに眠るように旅立って行きました。昨年末に脳腫瘍が再発してからも、たくさんの仲間達に支えられ最期を迎えることができました」と報告。続けて「闘病中の2013年10月に一色徳保と結婚式を挙げ、夫婦になりました」と明かし「一色のことで一番印象に残っているのは音楽を創っている姿です。生活はいつも音楽と共にありました。ここまで音楽を一緒に鳴らすことができたのは、かけがえのない宝物です」と語った。

 ベースの小川博永は「生死を分ける大手術を乗り越えるも半身麻痺というハンデを負い、それでもステージに帰ってきた一色は、間違いなく俺らの希望でした。その希望は潰えてしまったけど、一色に会いたくなったらつばきの音楽を聴いてください」と呼びかけている。

 一色さんは2000年にバンド・椿を結成。その後、つばきに改名し05年にメジャーデビュー。10年に病気が発覚し闘病のためバンドの活動を休止したが、13年に活動を再開していた。

 「お別れの会」は東京・青山葬儀所にて11日午後7時より開始。ファンも献花に参加できる。

最終更新:5/10(水) 18:55

オリコン