ここから本文です

【NBA】ブルズのR.ロンド、ケガがなければセルティックスに勝ったとの考え示す

5/10(水) 15:08配信

ISM

 シカゴ・ブルズのポイントガード、ラジョン・ロンドが、ボストン・セルティックスとのプレーオフ1回戦で、自身が第2戦で手を骨折していなければ、4戦全勝でスイープしていたとの考えを示した。米『シカゴ・トリビューン』紙(電子版)が伝えた。

 ロンドは現地8日、米ケーブルテレビ局『TNT』の『Inside the NBA』の番組内で、ケガをしていなかったらブルズはスイープをしていたかと尋ねられ、「正直そう思う」と答えたという。

 ロンドはまた、チームがかみ合っていただけに、出場できないことにフラストレーションを感じていたコメント。ケミストリーも良く、第1戦、第2戦とうまくアジャストしていたと振り返った。

 ブルズは敵地での第1戦、第2戦に連勝したが、司令塔のロンドが離脱した第3戦から4連敗を喫し、1回戦敗退となっていた。

最終更新:5/10(水) 15:08
ISM