ここから本文です

「ふくしま県の物産展」54社の逸品一堂に 郡山うすい

福島民報 5/10(水) 12:49配信

 福島民報社主催の第16回「ふくしま県の物産展」は10日、福島県郡山市のうすい百貨店・10階催事場で開幕する。県内の54社・団体がスイーツや郷土料理、工芸品などの名産、特産品を展示即売する。16日まで。9日は出展者が会場準備を行った。
 県、県観光物産交流協会などの後援。県産品の魅力を幅広く紹介して県民に積極的に消費してもらい、地域の発展や活性化、東京電力福島第一原発事故の風評払拭(ふっしょく)につなげるのが狙い。
 スイーツでは、矢吹町の「Happy Berry」の「ハッピーロール」、福島市の「honey bee」のジェラート各種などが初登場する。福島市の「岩代家敷大王」が「佐太郎パイ」、柳津町の「小池菓子舗」が「あわまんじゅう」を実演販売する。
 喜多方市の「一平」も初出店し、喜多方ラーメンなどが会場で食べられる。いわき市の「かに船」が「うに貝焼きめし」、「川俣町農業振興公社」が「川俣シャモメンチ」を実演販売する。占いコーナーや、高品質なニット製品を扱う「ふくしまニットフェア」も催す。
 開場時間は午前10時から午後7時(最終日は午後5時)まで。問い合わせはうすい百貨店 電話024(932)0001へ。

福島民報社

最終更新:5/10(水) 13:41

福島民報