ここから本文です

高額転売対策「チケトレ」始動 音楽業界初の公式チケット取引サイト

5/10(水) 13:05配信

オリコン

 チケット高額転売とネットダフ屋行為が横行している問題を受け、日本音楽制作者連盟、一般社団法人日本音楽事業者協会、一般社団法人コンサートプロモーターズ協会、コンピュータ・チケッティング協議会の4団体は10日正午、チケットの定価取引を仲介する公式チケットトレードリセールサイト「チケトレ」をプレオープンさせた。正式には6月1日正午にオープンする。

【図表】購入者の取引の流れ&出品者の取引の流れ

 昨年8月、ジャニーズ事務所所属アーティストやサザンオールスターズ、B’zらが連名で「チケット高額転売取引問題の防止」を求める共同声明を発表。大きな反響を呼んだが、ユーザーからは「本当に行けなくなったときの救済措置を作ってほしい」との要望が寄せられていた。

 4団体は「業界公式リセールシステム」の構築に向けて分科会を開設し、プレイガイド4社、デジタルチケット事業者各社とも協議を重ねた結果、業界初の公式チケットトレードリセールサイトの設立に至った。運営は大手チケット販売会社・ぴあが担当し、まずは紙チケット、定価取引限定でスタートする。

 取り扱うチケットは、主催者、ファンクラブ、チケットエージェンシーなどで販売されたもので、公演開催まで10日以上の期間がある発券済みの紙チケットのみ。取引は券面金額で行われる。利用者は会員登録とモバイル認証が必要で、初回取引時のみ本人確認(身分証提出、顔写真アップロード)が行われる。

 代金のやりとりは、チケトレ事務局(ぴあ)が仲介。購入者はチケット代を事務局に振り込み、決済が完了すると、出品者が購入者へチケットを発送。公演日の4日後、事務局から出品者の口座に代金を振り込む流れとなり、当事者間で金銭の授受は行わない。

 チケットが偽造だった場合、出品者の都合で購入者に届かなかったり、出品者がチケットを紛失・破損したりした場合は事務局が取引をキャンセルし、購入者にチケット代金および取引にかかわる手数料を全額返金する。記名式のチケットの場合は、異なる名義でもスムーズに入場できるよう、購入者にバウチャー(購入証明書)を発行する。

 出品者は取引手数料としてチケット券面金額の10%(3999円以下は一律400円)、システム手数料として1送金あたり380円、購入者は取引手数料としてチケット券面金額の10%(3999円以下は一律400円)、システム手数料としてチケット券面金額の3%が別途かかる。初回キャンペーン期間中は、出品者の取引手数料のみ0%となる(料金はすべて税込)。

 現在、業界をあげて(1)チケットの大量購入の抑制(ボット対策) (2)会場での本人確認(IDチェック、顔認証、チケット電子化) (3)アーティストとプロモーターの共同声明で転売問題の認識と対策に向けた世論の喚起に取り組んでいるが、今後も「ユーザー保護と市場の活性化へとつなげるよう努める」としている。

■「チケトレ」
http://tiketore.com/

最終更新:5/10(水) 14:09
オリコン