ここから本文です

“新感覚”スポーツ×音楽特番が誕生 MCは雨上がり決死隊

5/10(水) 14:52配信

オリコン

 お笑いコンビ・雨上がり決死隊の宮迫博之と蛍原徹が司会を務めるフジテレビ系バラエティー番組『勝手にラブソングを』が16日、深夜1時35分より放送される。同番組は俳優や芸人が、自分を虜にしたスポーツの名シーンを熱く語り、そのシーンに合う楽曲を音楽家に依頼、ときには自分自身で作詞作曲までを手がけ“ラブソング”を捧げる…という音楽とスポーツを融合させた“新感覚”の特番となっている。

【写真】雨上がり決死隊はフジスポーツ番組初MC

 同局スポーツ番組は初司会となる雨上がりの2人がBARのマスターに扮するほか、六角精児は20日に世界初挑戦となるボクシングの村田諒太選手に応援歌を作りたいという想いから、プロミュージシャンのMASAに依頼し、自らが曲のコンセプトを考えた「To The New World」が完成。2丁拳銃からレスリング・吉田沙保里に向け2人が作詞作曲・生演奏する「きれいなメダル」を受け、井森美幸は「泣きそうになっちゃった!」と思わず感動したようで、さらに日本ダービー(競馬)に捧げる歌としてH ZETTRIOの「DERBY~栄光の道しるべ」も披露される。

 収録を終え、宮迫は「実際にスポーツの映像を見ながら生で演奏していただき、スポーツと音楽という両者の臨場感がプラスされ、すばらしい相乗効果が生まれるんだなと非常に感心しました。これからのスポーツの見方や、音楽の聴き方だったりというのが、もしかすると変わっていくのかもしれないっていう期待感を持ちました」と手応え。

 蛍原も「すごい楽しかったですね。もちろんおのおののスポーツに合うように音楽を作っていただいてますので当たり前のことかもしれないんですが、スポーツと音楽の両者の融合がぴったりと、そしてしっくりくる感じで全部カッコ良かったです」と感嘆の声を漏らしていた。

 もし自身が誰かに曲を送るなら“競馬好き”である蛍原は「番組にもありましたが、ジョッキーにラブソングを贈りたいですかね」と挙げ、宮迫は「僕はサッカー日本代表の岡崎(慎司)くんが所属するレスター奇跡の快進撃(2015-16シーズン)に贈りたいですね。誰というわけではないですけど、あの奇跡のリーグ優勝を、音楽に乗せてもう一度見てみたいなと思いますね。すごく音楽と合うんじゃないかなと思います」と想像を膨らませていた。

 “本格的”な番組を目指したという桜井堅一朗プロデューサーは「そのためには、“説得力”と“熱”のある司会の方とご一緒したいと思い、雨上がり決死隊のお二人にオファーをさせていただきました」と起用理由を説明。「宮迫さんがサッカー、蛍原さんは競馬という、スポーツが大好きで詳しいお二人に、いい意味で“名曲”に酔いしれていただきければ」と自信を込めている。

最終更新:5/10(水) 14:52
オリコン