ここから本文です

高畑充希『橋田賞新人賞』賞金は『とと姉ちゃん』忘年会に還元

オリコン 5/10(水) 18:52配信

 女優・高畑充希(25)が10日、都内で行われた『第25回橋田賞』の授賞式に出席した。昨年ヒロインを務めたNHK朝の連続テレビ小説『とと姉ちゃん』での演技に対して『橋田賞新人賞』を受賞した高畑は「24歳の私はとと姉ちゃんがすべてでした。寝ても冷めても『とと姉ちゃん』。朝から晩まで『とと姉ちゃん』、街でも『とと姉ちゃん』と呼ばれました。がむしゃらな10ヶ月でした」と改めて作品と過ごした一年を感慨深げにかみ締めた。

<授賞式の模様>笑顔で喜びを語った高畑充希

 ドラマ自体初主演となった高畑だが「右も左もわからなくて転んでは起きを繰り返していたなかで、『とと姉ちゃん』チームはみんな優しくて助けてくれたのでなんとか乗り切れた」と感謝。なお、受賞者には本賞(置き時計)と副賞(賞金100万円)が贈られるが「いっぱいお金をもらったので、今年も多分忘年会をするので還元したいと思います」と約束した。

 この日は高畑の母も大阪から駆けつけたそうで「その場でこの晴れ姿をみてもらえてうれしい」と笑顔を弾けさせ「これからも頑張ります」と改めて誓った高畑。拍手に包まれるなか、脚本家・橋田壽賀子氏は「ごめんなさい。私『とと姉ちゃん』を観られなかったんです。だから今度ファンになります」と正直に明かして笑いを誘っていた。

 同賞は日本人の心や人と人とのふれあいを温かくとりあげてきた番組と人に対して顕彰助成。今年は『夏目漱石の妻』(NHK)から尾野真千子、長谷川博己、『ふつうが一番~作家・藤沢周平 父の一言~』(TBS)から東山紀之、草笛光子、2時間ドラマなどシリーズものでの功績から船越英一郎、新人賞として『とと姉ちゃん』(NHK)より高畑、特別賞として『鬼平犯科』(フジ・松竹)より中村吉右衛門が出席。『逃げるは恥だが役に立つ』(TBS)での授賞となった新垣結衣は欠席となった。

■受賞作・受賞者一覧

【橋田賞大賞】該当なし

【橋田賞(番組)】
土曜ドラマ『夏目漱石の妻』(NHK)
『ふつうが一番~作家・藤沢周平 父の一言~』(TBS)
『人生フルーツ』(東海テレビ)
NHKこども幼児番組(NHK)
【橋田賞(個人)】
船越英一郎、新垣結衣(欠席)、
【橋田賞新人賞】
高畑充希
【橋田賞特別賞】
中村吉右衛門、吉永春子(故人・ドキュメンタリスト)

最終更新:5/10(水) 19:02

オリコン