ここから本文です

関根麻里、1歳の長女は「ものまねができるんです」 祖父譲りの才能語る

オリコン 5/11(木) 18:34配信

 タレント・関根麻里が11日、都内で海外ドラマ『シカゴ・ファイア』のイベントに参加。1歳5ヵ月の長女が早くも祖父譲りのものまねの才能を開花させたことを明かした。

【写真】来日したレディー・ガガの元婚約者のテイラー・キニ-

 関根は「日本の花で初夏のさわやかさをイメージした」という艶やかな着物姿で登場。囲み取材では韓国人歌手Kとの間にいる長女の話が中心となった。「うちの娘、ものまねができるんですよ。生まれて2日で眉間にシワが寄ったので千葉真一さんができた」と祖父譲りの才媛っぷりを披露し、家族をなごませているという。

 最近はレパートリーも増えたそう。「アンビリーバボーの(ビート)たけしさんのものまねができるようになりました。肩を上げる仕草をしたときに『アンビリーバボー』ってみんなが笑ったら、言葉と動作がリンクするようになった。そこから『アンビリーバボー』っていうと(肩上げを)やってくれるようになりました」と笑顔で明かした。さらに、お笑いコンビ・オードリーの春日俊彰のものまねもできることも明かしていた。

 そんな姿を関根麻里の父・関根勤も目尻を下げまくっているそうで「デレデレですね。この人は甘いって見透かされています。会うたびに『またかわいくなった』と言っています」とバラしていた。

 この日は同ドラマの主演でレディー・ガガの元婚約者としても知られる米国人俳優のテイラー・キニーが来日。関根からは火消しの法被(はっぴ)が贈られた。名前入りとあってテイラーは大興奮。「日本の滞在中は、ずっとこれを着ていようかな」とご満悦だった。さらに来日歓迎とドラマヒット祈願の“火消し”の木遣り歌が披露され「素晴らしい! 帰ったらキャストのみんなに報告したい」と笑顔を見せた。

 同作は米・シカゴの火災・救命現場の最前線であるシカゴ消防局51分署を舞台に消防隊員と救命士たちが命がけで職務に立ち向かう姿を描くレスキューアクションドラマとなっている。

最終更新:5/11(木) 18:49

オリコン