ここから本文です

韓国新政権 「必要ならワシントン、北京、東京、平壌にも行く」 文在寅大統領が就任演説

産経新聞 5/10(水) 12:56配信

 【ソウル=名村隆寛】韓国の新大統領に就任した文在寅(ムン・ジェイン)氏は10日、ソウルの国会議事堂で行われた就任式の演説で、朝鮮半島の安保危機に触れ「必要であれば、ワシントン、北京、東京、平壌にも行く」と述べ、北朝鮮の核問題の解決に努める姿勢を示した。

 文氏は米韓同盟の重要性を指摘した上で、韓国に配備された最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の問題について、米国に加え、配備に反発する中国とも話し合っていくとした。また、韓国の自主防衛努力の必要性も強調した。

最終更新:5/10(水) 13:54

産経新聞