ここから本文です

広島が連敗を4で止める 4番・鈴木が2発

サンケイスポーツ 5/10(水) 22:03配信

 (セ・リーグ、ヤクルト7-8広島、8回戦、広島5勝3敗、10日、神宮)広島が乱打戦を制し、連敗を4で止めた。4番・鈴木誠也外野手(22)が2本塁打を放つなど3安打5打点の活躍で、チームは今季20勝目を挙げた。

 鮮やかな先制攻撃だった。広島は一回一死三塁とすると、3番・丸が山中から右翼フェンス直撃の適時二塁打を放ち、先制。続く鈴木の右翼線適時二塁打で1点を追加。なおも新井の右犠飛で3-0とした。ヤクルトは二回、大引が2号2ランを放ったが、広島は三回、鈴木の左翼席上段への6号2ランを放った。

 ヤクルトは3点を追う五回に4番・雄平の犠飛で1点を返すと、続くバレンティンが中越え逆転3ランを放ち、6-5とした。

 1点を追う広島は、七回に鈴木の左越え2ランで逆転に成功した。さらに九回には丸が中越えソロで1点を追加。九回にヤクルトに1点差に迫られたが、逃げ切った。

 ヒーローの鈴木は三回のアーチについて聞かれると「久しぶりに打ったんで、気持ちよかったです」と笑みを浮かべた。

最終更新:5/10(水) 23:36

サンケイスポーツ