ここから本文です

手話落語

宮崎日日新聞 5/10(水) 11:12配信

 ◎…聴覚障害者でも楽しめる「手話落語」が9日、宮崎市のイオンモール宮崎で披露された。同落語の考案者でもある桂福團治さん(76)ら2人が、巧みな“手芸”で聴衆を魅了した=写真。

 ◎…約40年前、一時的に声帯を患ったときに聴覚障害者と出会い「笑わせたい」と始めた。当時の思い出などを、声色を変えて話しつつ、扇子を使った大胆なしぐさと手話で表現し、会場を沸かせた。

 ◎…「当初は聴く落語を見る落語に変えることへの批判を心配していた」と福團治さん。今では演じる落語家も100人を超えるほど普及。自身にも国内外から依頼があり、手話落語は引く手あまただ。

宮崎日日新聞

最終更新:5/10(水) 11:12

宮崎日日新聞