ここから本文です

EURO2016“最優秀若手選手”が酒井宏樹の同僚に? ブンデスでの先発は僅か6試合

5/10(水) 0:10配信

theWORLD(ザ・ワールド)

真価を発揮できていないR・サンチェス

EURO2016で最優秀若手選手賞に輝き、昨夏に鳴り物入りでバイエルン・ミュンヘンに加入したレナト・サンチェス(ポルトガル代表)。しかし、今季はアリエン・ロッベンやフランク・リベリなどの錚々たる顔ぶれが揃う同クラブのレギュラー争いに敗れ、リーグ戦での先発出場が6試合に留まるなど、真価を発揮できているとは言い難い。こうした状況のなか、同選手に移籍の噂が浮上した。

同クラブが同選手をマルセイユにローン移籍という形で送り出すことを検討していると、仏『SO FOOT』が伝えている。同メディアによると、同選手がより出場機会を確保できるようにするという意図で同クラブが前述のプランを編み出したと報じられており、マルセイユのほかにモナコも移籍先の候補として伝えられている。

同クラブ加入1年目にして壁にぶち当たったサンチェスだが、どのような決断を下すのだろうか。マルセイユに所属する日本代表DF酒井宏樹との共闘が実現するか否かも含め、今後の動向から目が離せない。

http://www.theworldmagazine.jp/