ここから本文です

乱打戦を制したFC東京、4-3で白星…U-20日本代表FW久保建英は途中出場/ルヴァンカップ第5節

GOAL 5/10(水) 21:12配信

■ルヴァンカップ第5節 FC東京 4-3 大宮

FC東京:ピーター・ウタカ(25分)、オウンゴール(35分)、中島(39分)、森重(61分)
大宮:ドラガン・ムルジャ(21分)、マテウス(32分)、播戸(90+2分)

JリーグYBCルヴァンカップのグループステージ第5節が5月10日に行われ、味の素スタジアムではFC東京と大宮アルディージャが対戦。FC東京が4-3で逆転勝利を収めた。

試合は前半から乱打戦の様相を呈する。20分、FC東京GK大久保択生がペナルティエリア内で大宮FWドラガン・ムルジャを倒し、警告を受ける。このPKをムルジャが自身で決めて先制する。対するFC東京は25分、MF中島翔哉からのクロスをFWピーター・ウタカが合わせて同点とする。

大宮は32分、CKからMFマテウスがヘディングシュートでゴールネットを揺らし、勝ち越しに成功。しかし、直後の35分にオウンゴールを喫し、2-2となる。すると39分、FC東京はウタカ、MF阿部拓馬とつなぎ、最後はフリーの中島がゴールへと流し込み、3-2で前半を終える。

FC東京は61分、中島のFKからDF森重真人が頭で合わせ、ゴールネットに突き刺す。4-2で迎えた82分、MFユ・インスと交代でU-20日本代表に選出されたMF久保建英を投入。久保はトップ下でプレーした。大宮は後半アディショナルタイム、途中出場のFW播戸竜二がPKを決めて1点差とするが、反撃もここまで。試合は4-3でFC東京が勝利を収めた。

Goal編集部

最終更新:5/10(水) 21:12

GOAL

スポーツナビ サッカー情報