ここから本文です

ラッセル・クロウが実話映画で弁護士役に挑戦?

5/10(水) 14:00配信

ぴあ映画生活

ラッセル・クロウが『Arc of Justice』への出演を検討している。

1925年のデトロイトで起きた人種をめぐる裁判を描くもの。クロウは、殺人の容疑をかけられた黒人医師オシアン・スイートの弁護士クラランス・ダロウを演じる。スイート役には、デビッド・オイェロウォが決まっている。監督はNetflixの『ナルコス』を監督したジョゼ・パジーリャ。

クロウの次回作は、『ハムナプトラ』をリブートする『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』。共演はトム・クルーズ、監督はアレックス・カーツマン。オイェロウォの次回作は、現在、ナッシュ・エドガートン監督の、タイトル未定のアクションコメディを撮影中。共演はシャーリーズ・セロン、タンディ・ニュートン。

文:猿渡由紀

最終更新:5/10(水) 14:00
ぴあ映画生活