ここから本文です

ソ連時代の遺産、「視覚障害者の町」が存亡の危機(字幕・9日)

ロイター 5/10(水) 14:40配信

 モスクワの南およそ200キロにあるルシノボは、ソ連時代に視覚障害者にやさしい町として建設された。住居と仕事が提供され、障害者でも安心して働けるように設計されている。しかしいま、ここで暮らす障害者たちは大きな不安を抱えている。

最終更新:5/10(水) 14:40

ロイター