ここから本文です

ウィンチ付きドローンからヘリコプター型まで! PRODRONEが新機種を3つ発表

sorae.jp 5/10(水) 18:52配信

これまでもアーム付きドローンなどで注目を集めていたPRODRONEですが、同社は新型ドローンを3機種発表しました。ウィンチ付きドローン「PD6-AW-W」、ヘリコプター型ドローン「PDH-01」、そしてドローンコンセプト「ANYDRONE」と、どれも特徴のある設計となっています。
 
まず上画像は、本体下部にウィンチを搭載した「PD6-AW-W」です。荷物を吊り上げての山間部や水上での作業を想定してます。ペイロードは最大5kg、最高速度は時速65km、機体重量は6kg。また全天候型となっており、雨天時でも飛行が可能です。

そしてこちらは、長距離荷物配送が可能な「PDH-01」。本体下部に荷物を収納し、オートパイロットでの飛行、自動離陸や自動着陸が可能となっています。またガソリンエンジンを搭載したことで、100km離れた場所に最大3kgの荷物を約1時間で届けられる飛行性能も特徴。ヘリコプター型なので風の影響も受けにくく(飛行可能風速は13km/s)なっています。

最後に、外観からはちょっとドローンとは思えないコンセプトの「ANYDRONE」。「運びたい物そのものをドローンにする」という発想で開発された本機。4つのローターを取り付けることで、対象物をドローンへと変身させます。また総重量は4kgながら、15kgのペイロードを誇るそうです。
 
今回発表された3機種は、2017年5月9日から11日までアメリカで開催される産業用ドローン展「AUVSI Xponential 2017」のPRODRONEブースで展示されます。

最終更新:5/10(水) 18:52

sorae.jp