ここから本文です

PK失敗のミルナーが自分自身を責める「たくさんの思いが乗っていた。ただ謝ることしか……」

5/10(水) 0:30配信

theWORLD(ザ・ワールド)

サウサンプトンと引き分ける

リヴァプールは7日、イングランド・プレミアリーグ第36節でサウサンプトンと対戦した。UEFAチャンピオンズリーグ出場権獲得を目指すリヴァプールだが、0-0の引き分けに終わっている。

ジェイムズ・ミルナーは、この日勝利するチャンスであったPKを外してしまった。ユルゲン・クロップ監督は決してミルナーの責任ではないと擁護していたが、本人は責任を重く感じているようだ。

「このPK失敗はとても大きなことだ。そこにはたくさんの思いが乗っており、その責任をとらなければならない。ドレッシングルームではただ謝ることしかできなかったよ。しかし我々は今シーズン成長してきた。そしてここでもう一度改善する必要がある。我々がこれまでに証明してきたようにね」

現在リヴァプールは3位だが、UCL出場権を争う他クラブよりも多く試合を消化している。そのためUCL出場権が確保できているわけではない。しかしリヴァプールは残り2試合で2勝すれば、4位以内が確定する。UCL出場はまだ望みがあるため、下を向くのはまだ早い。運命の残り2試合は14日にウェストハム、21日にミドルズブラと対戦する。

https://www.theworldmagazine.jp

Yahoo!ニュースからのお知らせ