ここから本文です

「ヌードはエロじゃない」2人の写真家が撮った美しすぎる男性ヌード

BuzzFeed Japan 5/10(水) 18:00配信

アートとしてのヌード写真は女性だけのものじゃない。美しい男性のヌード作品を撮るのは、2人の写真家、ライアン・チャンさんとレスリー・キーさんだ。【BuzzFeed Japan / 森駿介】

こちらは、5月13日に始まる2人の合同写真展で展示される作品の一部。

こちらは、レスリーさんの作品

「ヌードはエロじゃなくて、パンク」

BuzzFeedは2人に、アートとしての男性ヌードが持つ魅力について聞いた。
ライアンさんはこれまで、ファッション誌や浜崎あゆみのCDジャケット等を撮影してきたが、展示会は今回が初めてだという。

アメリカから来日して以来、日本人の男性の美しさに魅了され、ヌードに限らず多くの男性の姿を撮りつづけてきた。
「日本人はシャイな人が多いと思っていたけど、僕がやりたいことを理解してくれたら、むしろとてもオープンで驚いた」

また、アートとしてのヌードが持つ魅力について次のように語った。

「僕はヌードにこだわっているんじゃなくて、フルヌードよりも、逆に服を着ているカットのほうがいいときもある。
ヌードで見せるのはセクシーさや色気じゃなくて、自由でパンクな姿。本当にしたいのは、普通の人が自信を持っている姿をヌードで表現することです」

女性ヌードと同じように、男性ヌードがあっていい

一方、レスリーさんは、これまでにも複数のヌード写真展を開いてきた。ライアンさんの作品とは雰囲気もかなり違う。

「誰もが持つ自由で力強い姿を記録したいっていうのが、ライアンのライフワークだよね。ファッションが好きだから、スタイリングもしっかりしてる。僕が目指したいのは、もっと王道でシンプルな姿」

「もっとみんなが男性の自然の美しさを楽しめるようになれば良いと思う。女性のヌードがあるんだから、男性のヌードもあっていい。何も違いはないんだから、平等であるべきでしょう」

レスリーさんはヌードアートが抱える問題点も指摘する。

「僕達がヌードを撮る背景には、アジア人のヌードがあまりないってのもある。黒人や白人と同じように、アジア人のメンズヌードも美術的に高いレベルに引き上げていきたいと思っています」

5月13日から始まる合同写真展。期間の前半はライアンさんの作品「BOYS STUDY」が、5月27日からの後半はレスリーさんの作品「BOYS PLAY」が展示される予定だ。

最終更新:5/10(水) 18:00

BuzzFeed Japan