ここから本文です

鹿島アントラーズ、FW鈴木優磨の2ゴールで首位通過/ACL・GS第6節

GOAL 5/10(水) 22:19配信

■ACL・グループ第6節 鹿島 2-1 ムアントン

鹿島:鈴木(19分、60分)
蔚山:ティーラシル・ダンダ(45分)

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループステージ第6節が10日に行われ、県立カシマサッカースタジアムでは鹿島アントラーズとムアントン・ユナイテッド(タイ)が対戦した。鹿島は勝ち点9でグループステージ突破を決めているが、首位通過をするためには、勝ち点11のムアントンに勝利を収める必要がある。

その鹿島は19分、MF遠藤康のスルーパスにFW鈴木優磨が相手ディフェンスラインの裏へ抜け出す。鈴木はGKとの一対一を制し、ボールをゴールへと流し込み、先制に成功する。ホームの鹿島が主導権を握るも、45分、ムアントンFWティーラシル・ダンダが強烈なシュートを放ち、1-1で前半を終える。

引き分けでも首位通過となるムアントンだったが、後半は前線からプレスを仕掛けるなど、積極的な試合運びをする。そうした中、追加点を挙げたのは鹿島だった。60分、MF永木亮太からのパスを受けた遠藤がクロスを上げる。このボールをフリーで受けた鈴木が再びゴールネットを揺らし、勝ち越しに成功する。

追い付きたいムアントンは攻勢を強めるも、鹿島の守備陣が体を張り、ゴールを許さない。試合は2-1で鹿島が勝利。首位でのグループステージ突破を決めた。

Goal編集部

最終更新:5/10(水) 23:27

GOAL

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合