ここから本文です

30年前に消えた砂浜、アイルランドに復活

ロイター 5/10(水) 14:42配信

 アイルランド西部のアキル島で、30年以上前に消滅した砂浜が、嵐によって数千トンの砂が磯に堆積して再び復活した。
 小さな村ドオアーに近い300メートルにおよぶ砂浜は、1984年に複数回の嵐で砂がさらわれ、潮溜まり以外何も残されていない状態になっていた。
 しかし先月、春の満潮の後、地元住民は嵐によって海辺に砂が戻っているのを発見した。
 観光協会の職員は地元紙に「とてつもなく素晴らしい事」と話し、かつては4軒のホテルや多くの宿泊施設があり、とても人気の海岸だったと話した。「アキル島にはすでにブルーフラッグ(ビーチの国際環境認証)認定のビーチが5つある。それが6つに増えることを期待している」と述べた。

(アイルランド、ドオアー、5月9日、取材・動画:ロイター、日本語字幕翻訳:アフロ)

最終更新:5/10(水) 14:42

ロイター