ここから本文です

大仁田厚が10・31後楽園で7年ぶり7度目の引退試合「今回だけはプロレスラーに二言はありません」

スポーツ報知 5/10(水) 13:59配信

 元参院議員でプロレスラーの大仁田厚(59)が10日、東京・千代田区の闘道館で会見を開き、「さよなら大仁田、さよなら電流爆破 大仁田厚ファイナルツアー」の日程を発表。10月31日に後楽園ホールで引退試合を行うことが決まった。1985年の最初の引退から復帰、引退を繰り返してきた大仁田にとっては、7年5か月ぶり7度目の引退となる。

【写真】大仁田、有刺鉄線ブラ着用グラドル・渡瀬茜を“棺桶爆破”で葬る

 「引退、引退、引退…」指折り数えた大仁田は「7度目の正直はたぶんあると思います」と言った。1985年1月3日に後楽園ホールで、師匠・ジャイアント馬場に送り出された引退式から、1995年5月5日に川崎球場を超満員にした“涙の引退試合”は社会現象にもなった。大仁田厚として6回引退し、6回復帰。また別人格のグレート・ニタは大阪・南港に消えてから何度も“蘇生”した。

 「どの口が言ってるのかと言われるかもしれませんが、今回だけはプロレスラーに二言はない」「各方面のみなさんに迷惑をかけ、腹の立つ人もいるでしょう」と過去の弁明を繰り返した。議員時代の中断を差し引いてレスラー生活40年と位置付け、還暦とともに去る。これ以上の引き際はもうないだろう。

 発表されたシリーズ日程は、9月9日に大阪・エディオンアリーナ第2、9月16日に福岡・博多スターレーン、10月29日に愛知・名古屋国際会議場。

 最終戦の10月31日・後楽園ホールは電流爆破デスマッチはできなため、直前に「さよなら電流爆破」を関東で開催予定。8月5日に米国フィラデルフィアで電流爆破の初の海外遠征も決まっている。
 大仁田は5月12日のプロレスリングZERO1名古屋大会(露橋スポーツセンター)で、ボブ・サップ(43)を電流爆破デスマッチ(6人タッグ)に引きずり出すほか、6月10日にはイジメ撲滅・地方創世「がんばれ糸魚川チャリティプロレス」に出場するなど、さよならシリーズに向けて、ボブ・サップ、初代タイガーマスク(佐山サトル)、全日本プロレスの諏訪魔(40)、元クラッシュギャルズの長与千種(52)、弟子の田中将斗(44)らとの抗争が残っている。

1/2ページ

最終更新:5/10(水) 16:03

スポーツ報知