ここから本文です

浦和レッズ、公式戦3連敗も首位突破…高木俊幸と梅崎司が復帰/ACL・GS第6節

GOAL 5/10(水) 23:10配信

■ACL・グループ第6節 FCソウル 1-0 浦和

FCソウル:ユン・スンウォン(38分)
浦和:なし

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループステージ第6節が10日に行われ、ソウルワールドカップスタジアム(韓国)では浦和レッズとFCソウルが対戦した。

浦和は前節、上海上港(中国)とともにグループステージ突破を決めているが、グループ1位と同2位ではラウンド16で対戦する相手が異なる。2位の場合は江蘇蘇寧(中国)、1位の場合は済州ユナイテッドFC(韓国)となる。

浦和はGK榎本哲也、DF田村友、MF高木俊幸らを先発に起用。フレッシュなメンバーの活躍に期待が懸かるも、ソウルが主導権を握る展開となる。ソウルは38分、浦和のパスミスからカウンター攻撃を仕掛ける。MFイ・ソギョンはGKと一対一になるとパスを選択。フリーのMFユン・スンウォンがボールをゴールへ流し込み、先制に成功する。

反撃に出たい浦和だが、49分にMF宇賀神友弥が、55分にFWズラタンが痛め、プレーを中断する。その後、浦和はMF菊池大介を下げてMF矢島慎也、田村を下げてMF梅崎司、MF青木拓矢を下げてFWオナイウ阿道と、次々に攻撃的な選手を投入するも、ゴールが遠い。

試合は0-1で浦和の敗戦。負傷により離脱していた高木や梅崎の復帰は収穫となったが、これで公式戦3連敗となった。なお、勝ち点で並んでいた上海上港も、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア)に敗れたため、浦和は首位通過が決定した。

Goal編集部

最終更新:5/10(水) 23:21

GOAL

スポーツナビ サッカー情報