ここから本文です

【読者の質問に回答】iDeCo(個人型確定拠出年金)は、定年に近くてもメリットがあるの?

5/10(水) 6:38配信

マネーの達人

iDeCo(個人型確定拠出年金)について、マネーの達人、読者の方から質問をいただきました。

「iDeCo(個人型確定拠出年金)は、定年に近くてもメリットがあるのか。」

iDeCo(個人型確定拠出年金)に定年間近に入ったとしたらどうなるのでしょう? どんなメリットがあるか検討してみましょう。

iDeCo(個人型確定拠出年金)って何?

iDeCo(個人型確定拠出年金)とは、加入者本人が積み立てた掛け金(または保険料)の運用結果に応じた年金資産を原則60歳から70歳までの間に受け取る私的年金制度です。

iDeCo(個人型確定拠出年金)で積み立てた年金資産は国民年金や厚生年金・共済年金(公的年金)に上乗せされる形です。

60歳以降70歳までに受け取る老齢給付金は年金でも一時金でも受け取れます。障害給付金や死亡一時金、脱退一時金が出ることもあります。


■iDeCoで運用できる金額

・ 自営業者… 国民年金基金保険料との合計で月6万8000円まで

・ 公務員と勤務先に企業年金がある会社員… 月1万2000円まで

・ 企業年金がない会社員と会社員・公務員の被扶養配偶者… 月2万3000円まで

・ 勤務先が企業型確定拠出年金加入でiDeCo加入も認めている会社員… 月2万円まで


■iDeCo(個人型確定拠出年金)は、加入期間によって年金資産の受け取り可能年齢が異なります

・ 10年以上加入なら60歳から

・ 8年以上加入なら61歳から

・ 6年以上加入なら62歳から

・ 4年以上加入なら63歳から

・ 2年以上加入なら64歳から

・ 1か月以上加入なら65歳から

年金資産を受け取ることができます。

iDeCo(個人型確定拠出年金)のメリットとは?

定年近くiDeCo(個人型確定拠出年金)に入るメリットとは何でしょう?

それを考えるとともにiDeCo(個人型確定拠出年金)のメリットをおさらいしましょう。

■1. iDeCo掛け金の全額が小規模企業共済等掛金控除となり課税所得を少なくすることができます。

税率の高い高年収の方や子供が成人している等、扶養親族が少ない方は(控除が少ないと課税所得が多くなるので)より節税効果があります。

□■定年近い場合■□

50代は年収が高く、控除対象の扶養親族は少ない傾向にあるので、小規模企業共済等掛金控除を受けることによる節税効果は得られやすいでしょう。

平成28年総務省の家計調査速報によれば、2人以上勤労所得者50代世帯の可処分所得(手取り)は平均49万139円で消費支出が平均35万3052円と割とゆとりがあります。

□■iDeCoは60歳までの加入となります■□

60歳間際でも会社員(企業年金のない会社)は最高月2万3000円(年額27万6000円)までiDeCo(個人型確定拠出年金)の掛け金を支払えてその全額を小規模企業共済等掛金控除にできますので節税になります。


■2. iDeCoの運用利益に対しては、原則60歳以降の給付金受け取りまでは、所得税・住民税がかかりません。

iDeCoでなく投資信託等で運用した場合、同じ投資信託でも運用利益には原則20.315%所得税・住民税がかかるのです。

□■定年近い場合■□

NISAの投資信託等の運用利益も5年間所得税・住民税がかかりません。

定年間際にiDeCoに加入した場合、加入期間が短く、65歳以降受け取りなので5年は運用利益が非課税なのですが、NISAより投資金額は少なく(NISAは年120万円買い付けられる)なります。


■3. 60歳以降給付金を受け取るときも、iDeCoなら一時金を選ぶと退職所得控除、年金を選ぶと公的年金控除が受けられます。

□■定年近い場合■□

現在公的年金の受け取り年齢は、62歳(会社員が長い男性の場合)から部分年金、65歳から満額の年金を受けることになっています。

60歳以降定年の会社は増えていますが、給与が少なくなるケースも多いとのことです。

定年間際に加入したiDeCoは積み立てた資産が少ないです。

会社から支給された退職金とiDeCo資産を合計しても退職所得控除(勤続20年×40万+20年超勤続×70万)の1850万円(35年勤務の場合)まで所得税・住民税がかからないのです。


■4. iDeCo(個人型確定拠出年金)の売買手数料は無料なので運用する商品を切り替えたり、運用商品の配分を変更しやすい(スイッチングが無料)です。

□■定年近い場合■□

60歳までのiDeCo加入で、運用利益を確定したい場合で運用商品が値上がりした時には、利益を確定し「スイッチング」で安いと思う運用商品に切り替えれば、利益をより増やしやすいでしょう。

iDeCoで金融機関が運用する商品は、インデックス投信やアクティブ投信、10年契約の外国株式運用投資信託、積立傷害保険などがあり、現在様々な金融機関が運用商品を増やしたり、手数料を値下げしています。


■5. 給与振り込み口座等の生活費口座で iDeCoの掛け金を支払うよう設定すれば、老後資金はほぼ確実に用意されるでしょう。

□■定年近い場合■□

定期預金等、確実だけど利率の低い運用をすると、加入手数料や口座管理手数料、運用指図手数料、資産支払い手数料などがかかります。

なので65歳以降70歳までの受け取り年齢までの手数料が高くなり、元本割れの可能性がとても高くなります。

企業年金連合会の平成27年度の実態調査によれば、企業型確定拠出年金の加入者だと半数以上が「定期預金等元本確保型商品」を選んでいるとのことです。

長期間掛け金を掛けられるのなら、長く節税メリットを受けられますが、iDeCo(個人型確定拠出年金)に定年間際に入る場合は、定期預金や生命保険商品など利率の低い商品は選ばない方が無難でしょう。

1/3ページ

最終更新:5/10(水) 6:40
マネーの達人

Yahoo!ニュースからのお知らせ