ここから本文です

教え子とみだらな行為…県教委、中学教諭を免職「交際をしていた」

5/10(水) 22:08配信

埼玉新聞

 埼玉県教育委員会は10日、教え子の女子生徒にみだらな行為を行ったとして、県西部の公立中学校の男性教諭(40)を同日付で懲戒免職処分にしたと発表した。懲戒免職は本年度初めて。

 県教育局小中学校人事課によると、教諭は2016年10月16日から今年1月8日までの間、社会科の授業を担当していた当時3年の生徒を10回にわたって自宅に招き、キスや胸を触るなどしたほか、複数回みだらな行為を行った。

 今年1月19日、市町村教委あてに「教諭宅に女子生徒が出入りしている」と匿名の情報提供があり、校長が教諭に確認して発覚した。

 教諭は女子生徒が1年生の時にクラスを担任していて、16年4月から私的なメールをやりとりしていた。教諭は「交際をしていた。お互いの気持ちが結ばれているので、問題ないと考えている」と話しているという。

最終更新:5/17(水) 7:20
埼玉新聞