ここから本文です

「罰金か性行為か」警官装いわいせつ行為、容疑の男再逮捕/西入間署

5/10(水) 22:23配信

埼玉新聞

 埼玉県鶴ケ島市の男が強姦(ごうかん)容疑などで逮捕された事件で、県警捜査1課と西入間署の合同捜査班は10日、強制わいせつの疑いで、鶴ケ島市新町2丁目、建築業の男(27)=強姦罪などで起訴=を再逮捕した。

 再逮捕容疑は2015年11月23日午前1時半ごろ、同市内のスーパー銭湯の駐車場で、交際相手とレンタカー内にいた東京都内の20代女性に対し、警察官を装って「あなたたちの行為は条例違反です」とうそを言った上、約500メートル離れた住宅街の路上に連れ出して「罰金十数万円を払うか、性行為をするか」と脅迫し、わいせつな行為をした疑い。

 同課によると、男は当時、上に青色のジャージーを着て白の六分丈ズボンをはいていた。警察かと疑われ、「今日は非番だ」などと怒鳴って信用させた。普段からスーパー銭湯の駐車場を利用し、車内にいた男女を見つけて犯行に及んだという。

 交際相手の20代男性が110番。付近の防犯カメラの映像などから男の関与が浮上した。「間違いない。むらむらしてやった」と容疑を認めているという。

 男は4月9日、同市内の30代女性に暴行を加えたとして逮捕されていた。同市内では12年以降、女性を狙ったわいせつ事件が20件余り発生し、県警が関連を調べていた。同課はさらに余罪があるとみて捜査している。

最終更新:5/10(水) 22:23
埼玉新聞