ここから本文です

新海誠監督らの偽サイン色紙を販売 岡山県警、詐欺容疑で無職男逮捕

山陽新聞デジタル 5/10(水) 23:11配信

 大ヒットしたアニメ映画「君の名は。」の新海誠監督らの直筆サイン、イラストと偽った色紙をインターネット上のオークションサイトで販売したとして、岡山県警サイバー犯罪対策課と岡山中央署は10日、詐欺の疑いで東京都日野市の無職男(32)を逮捕した。

 同署によると、男は「ネットや本で本物を見てまねて作った。生活費や小遣いにするためにやった」と供述。このサイトでは昨年7月~今年3月、同種の色紙279点の出品を確認したほか、10日の自宅の家宅捜索では「NARUTO」で知られる岡山県奈義町出身の漫画家岸本斉史さんらの色紙13点を押収しており、関連を調べる。

 逮捕容疑は昨年10、11月、新海監督、アニメ映画の宮崎駿監督の偽サイン色紙各1枚をサイトに出品。「イラストとサインの部分の両方とも直筆」と記して入札者を募り、それぞれ1万7千円で備前市の男性(34)に、7750円で愛知県豊橋市の男性(23)に落札させ、送料を含めた2万5550円をだまし取った疑い。

 岡山県警はサイバーパトロール中の昨年9月、新海監督のブログで「偽のサインが出品されている」との書き込みを発見。落札された色紙の鑑定を新海、宮崎の両監督に依頼し、偽物と断定した。

 県警によると、サイバー犯罪対策課は巧妙化、多様化するネット犯罪に対応するため今春発足し、同課による摘発は初めて。

最終更新:5/11(木) 0:31

山陽新聞デジタル