ここから本文です

【F1】目標は打倒レッドブル? フォースインディア、スペインGPで投入のアップグレードに大きな期待を寄せる

5/10(水) 15:24配信

motorsport.com 日本版

 フォースインディアは、開幕からの4戦連続で2台のマシンがポイントを獲得。予選ではルノーやウイリアムズ、ハース、トロロッソが時に彼らより優れたペースを見せているものの、コンストラクターズランキング4位を堅持している。

【写真】複雑な測定装置をつけて走行するフォースインディア・VJM10(バーレーンテスト)

 副チーム代表のボブ・ファーンリーは、スペインGPで投入される大規模な空力アップデートによりペースが大幅に改善することで、ライバルを打ち負かすだけではなく、レッドブルとの差を縮められると考えているようだ。

 motorsport.comがファーンリーに対し「フォースインディアはレッドブルをターゲットにできるか?」と訊いたところ、彼は「もしプレシーズンテストから我々が計画していたモノすべてが機能すれば、自分たちの”位置”を再評価できるだろう」と答えた。

「他のチームも、ただ突っ立っているだけではないことを覚えておかなければならない。だから、それについては慎重を期す必要がある」

「第1目標はランキング4位の座を固めることだ。パフォーマンスの観点からそれを継続することができれば理想的だ」

「これまでの4戦は、とても素晴らしい結果だった。バルセロナでは、失っているパフォーマンスを取り戻し、他のライバルたちと肩を並べられることを願っている」

「(開幕戦)オーストラリアGPの1日目から、我々のマシンが失速しており、パフォーマンスが他と比べてわずかに劣ることはわかっていた。レース技術や戦略、信頼性の高さなどを駆使して、それを克服してきた。それが我々がやってきたことだ」

オコンを賞賛するチーム

 ファーンリーは、F1フル参戦1年目となるエステバン・オコンが素晴らしい進歩を遂げていると考えている。

 オコンは、開幕から3レースを10位でフィニッシュ。前戦ロシアGPは7位でレースを終えており、4戦連続でポイントを獲得している。

「彼は最高の仕事をしている。それに彼はまだ予選に向けた準備を含めた、週末前半の部分で学習を続けている」

「レース序盤で彼が見せている成熟度は、素晴らしいモノがある。彼は、最初からそれを持ち合わせていたんだ。彼は注目すべきレーサーだ」

「メルボルンからの4レースの彼の進歩を振り返れば、ソチは初めて彼が予選Q3に進んだ週末だったし、開幕からずっと彼はポイント圏内にいる」

「我々のいる位置から考えて、それ以上は望めないだろう」

 ファーンリーは、オコンの存在によってチームメイトのセルジオ・ペレスも刺激を受けるだろうと語った。

「(第10戦イギリスGP)シルバーストンに行く頃までには、ふたりのドライバーが激しくプッシュし合っているのを見るだろうし、我々にとってそれは非常にエキサイティングなことだと思う」

「我々がパフォーマンス不足を解消できれば、素晴らしく刺激的なシーズン後半になるだろう」

Adam Cooper