ここから本文です

頭に弾丸貫通の痕…施錠のアパートに男性遺体、拳銃自殺か/さいたま

5/10(水) 22:55配信

埼玉新聞

 9日午後1時半ごろ、埼玉県さいたま市緑区東浦和2丁目のアパート一室で、この部屋に住む無職男性(56)が頭から血を流して倒れているのを、部屋を訪れた次女(32)が見つけ110番した。男性はその場で死亡が確認された。

 浦和東署によると、男性は6畳和室のベッドの上から上半身を投げ出すようにして倒れており、遺体の膝元には拳銃が落ちていた。頭部に弾丸が貫通した痕があり、死後数日が経過していた。部屋は施錠されており、争ったり物色されたりした形跡はなかった。同署は遺体や現場の状況から、男性が拳銃で頭部を撃ち自殺した可能性が高いとみて、拳銃の入手経路などを調べている。

最終更新:5/10(水) 22:55
埼玉新聞